医療法人白生会胃腸病院のホームページへようこそ。

節電行動計画


医療法人白生会胃腸病院  節電行動計画
節電目標対前年比 「10%減を目標」 のレベルを維持する
責任者名院長  田村 英嗣
5つの基本アクションを実行する
照明・事務室の照明を半分以上間引きする。
・使用していないエリアは消灯を徹底する。
空調・病棟、外来、診療部門(各検査・手術室等)、厨房、管理部門ごとに適切な温度設定を行う。
・使用していないエリアは空調を停止する。
・ブラインド、遮熱フィルム等にて日射をさえぎる工夫をする。
メンテナンス、日々の節電意識を高める
照明・従来照明をLED照明等の節電対策照明に交換する。
空調・フィルターのこまめな清掃。
・冷気流出の防止(搬入口やバックヤードの扉開放厳禁)。
コンセント類・調理機器、冷蔵庫の設定温度の見直し。
・オートクレーブ詰め込みすぎ防止。
・電気式給湯器、電気ポット等のプラグを抜くこと。
節電啓発にも力を入れる
節電啓発・節電目標と具体策について、職員全体に周知徹底し、毎月の節電結果を公表する。
・節電担当者を任命し、フォローアップ会議や節電パトロールを定期的に実施する。
・医療機関関係者に対して、家庭での節電の必要性・方法について情報提供を行う。
作成日 平成28年4月1日

Homeに戻る

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional